細やかな出口 でいい…人は強くない

人は強い心を一生持ち続けることはできない

誰もが孤独や絶望をどこかのタイミングで多かれ少なかれ体験する…

頭では理解できても

心がついていけないことって本当にある…私も何度か経験している

暗闇に足元も見えない日がある

それでも

たったひとつでも微かに見える光が、出口がどこかにある

何より最悪は全く出口がある事を信じれず、忘れてしまうこと

何もできない日があっても

泣く日がたくさんあっても

出口へ手を伸ばす事を

忘れないでほしい

 

また傷つくことや

自分を嫌になることが

あるかもしれないけれど

 

そこだけは勇気を持っていたい

 

『必ず変われる』

自分が信じてあげないと

はじまらないね…

リンパ療法師 miki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です